旅行で高速道路を利用する場合、サービスエリアに立ち寄る人は多い。最近ではどこのサービスエリアも特色を出そうと様々な工夫を凝らしており、ご当地グルメを楽しめたり、豊富なおみやげが販売されたりしている。中国メディアの捜狐は1日、日本の高速道路のサービスエリアでは質の高いサービスが受けられると紹介する記事を掲載した。中国のサービスエリアとは全く違うと比較している。

 近年、経済的に豊かになった中国人にとって休暇の旅行は当たり前のものになっている。海外旅行も普及し、多くの人が国内と海外の「観光地の違い」を感じるそうだ。中国は景勝地も多いが、「どこも似たり寄ったりで、工夫というものがない」と記事は指摘している。

 そのうえで記事は、中国のサービスエリアについて、ひとことで言えば「とにかく混んでいて」、これといったサービスはなく「あわただしく利用する、ただのトイレ休憩」にすぎないと紹介。もちろん、食事やちょっとした土産も販売しているが、評判はあまり良くないようだ。

 この点、日本のサービスエリアでは行き届いたサービスが受けられるだけでなく、「まるで観光地」のようになっていると記事は紹介。規模が大きく、食事もできて、様々な施設が併設されている。中国のように観光地へ行く途中の公衆トイレという立ち位置ではなく、「旅行地の顔」としての役割を果たしていると記事は分析。観光客に良い印象を残すことを意識し、付近の観光地も宣伝していると感心している。

 記事の中国人筆者によると、日本のサービスエリアが特別だと感じる別の理由は「清潔さ」にあるという。そのため、疲れている利用者にとって、ゆっくり休憩してリフレッシュできる場所となっている。他にも、利用者の需要に合わせて障がい者専用の通路があることや、食事の種類が多く、お土産コーナーも充実していると指摘した。

 サービスが充実していて、清潔で様々な利用者の需要に合わせた日本のサービスエリアは、中国人を驚かせているようだ。とはいえ、日本のサービスエリアも民営化されてから格段にサービスが向上したといえる。この点、中国も日本を参考にすれば大きく改善できそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)