すっかり少なくなってしまった日本の寝台列車だが、むしろ贅沢な旅として今でも一定の需要があるようだ。中国メディアの捜狐はこのほど、日本の寝台列車を中国と比較する記事を掲載した。中国の寝台列車とは「全然違う」そうだ。

 記事の中国人筆者は、各国を旅行した経験があるそうで、どの国でも旅行者にとって一番便利な交通手段は「鉄道」だと紹介。どんな都市にも通じているため移動に便利で、しかも安いので、中国でも人気が高いと伝えた。

 そんな、どんな国でも最もメジャーな交通手段である鉄道だが、日本の寝台列車に乗った時には中国との違いを痛感したそうだ。さすが「世界でも名だたる日本の鉄道」なだけあり、設計が利用者にとても親切だったと振り返っている。中国人筆者は下段のベッドだったそうだが、広々とした空間でカーテンもあり、プライバシーが配慮されていることに感動したようだ。ちなみに中国の寝台列車は、「硬臥」という安いタイプは上・中・下の3段ベッドでカーテンはない。

 中国人筆者は利用しなかったものの、「贅沢な個室もある」と紹介。高価ではあるが、テレビ付きで車窓に飽きたらテレビを見ることもでき「家にいるようかのような感じ」だと伝えた。中国人筆者の旅仲間が、中国の電車との違いは「少しどころの話ではない」と評したそうだが、それにも納得だ。人口の多い中国では、これほど広々として価格も高い寝台列車は真似できない、としながらも「これが日本と中国の違いだ」とうらやましがった。

 日本の寝台列車も、かつては安く移動するための手段だったが、現在では時間もお金もかかる贅沢な旅になっている。中国でも高速鉄道の普及で寝台列車は減少している。将来的に、日本のような高級路線の寝台列車も出てくるかもしれないが、その時にはやはり日本の例を参考にするのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)