住んでいる国や地域が異なれば、文化や習慣は異なってくるもので、日本と中国の食文化にも大きな違いがある。また、「朝食」に関する文化や習慣にも同様に違いがあるようで、中国メディアの今日頭条は29日、日本にはなぜ朝食を提供する飲食店がないのか考察する記事を掲載し、中国人が日本へ旅行に行った場合に「お腹が空いてフラフラになってしまうのではないか」と伝えた。

 記事はまず、近年は多くの中国人が日本を訪れているが、日本には朝食を提供する飲食店が見当たらないという声が多く聞かれるようになったと紹介。中国人にとって朝食は1日3食のうちの大切な食事であり、街中は朝食を提供する飲食店が数多く存在するほか、通勤・通学途中に出店や屋台などで購入して職場や学校で朝食を取る人も多い。それゆえ、中国の街では朝食を入手するのに困ることは全くない。

 続けて、日本では朝食の文化が異なっており、中国のように朝食を提供する飲食店は多くはないが、「皆無というわけでもない」と紹介し、日本のいたるところに存在するコンビニや喫茶店などで朝食を購入したり、食べたりすることができると指摘。だが、日本人は中国人と違って自宅で朝食を取ることが一般的であり、「通勤や通学の途中に朝食を取らない」ゆえに朝食を専門に提供している店は非常に少ないと紹介した。

 最後に記事は、中国人は朝食に「お粥」を好んで食べる人が多いが、日本ではご飯を食べることが一般的で、日本ではお粥は病気の人が食べるものであると認識されていると伝え、両国の文化はこれほど異なっているのだと論じた。

 中国では、お粥のほかに万頭(マントウ)と呼ばれるパンのようなものや豆乳、油条と呼ばれる揚げパンなどが手軽に食べられる朝食として好まれている。街では様々な朝食を提供する店が軒を連ねている光景を目にすることが出来るゆえ、中国を訪れる機会があれば、外で朝食を取ってみるのはいかがだろうか。中国人の朝食事情を垣間見ることが出来るだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)