移民を望む中国人の間で人気の国は、米国やカナダ、オーストラリアなどが挙げられる。日本は労働力不足に直面しているとはいえ、外国人が移民するには様々な条件があって、そのハードルは高いと言える。では、中国人が日本での生活したいと思った場合、実際にどのような手段があるのだろうか。中国メディアの今日頭条は20日、「普通の中国人が日本で生活するにはどうしたらよいか?」と題する記事を掲載した。

 記事は、中国人が日本で合法的に暮らすための方法について、大まかに言えば「高校から留学する」、「日本で語学学校に通って、大学に進学する」、「日本で就職する」、「日本人と結婚する」という方法があると紹介。そして、それぞれの場合に必要な費用について、高校から留学する場合は毎年10ー12万元(約160ー184万円)が必要になり、アルバイトをしながら日本語を学べる語学学校の場合は手続きだけで4万元(約64万円)ほど、日本での就職の場合は技能実習であれば1万元(約16万円)、仕事ビザであれば手続きに約3万5000元(約55万円)が必要になると説明した。

 語学学校であれば4万元ほどの費用でビザを取得できるというが、この条件をクリアできる中国人の家庭は決して少なくない。こうした方法は日本での生活を望む中国人にとってまさに手が届く非常に現実味がある話だ。しかし記事は、語学学校への進学は経済的に豊かではない家庭にとってチャンスだが、きついアルバイトをしながら本当に語学学習ができるか慎重に考えるように提言した。

 また、日本での就職について、中国国内の賃金上昇と円安傾向から日中の賃金差はすでに小さくなっていると説明、この要素に加えて最近の中国の若い人たちの多くは金銭よりも「幸福感」を追求しているため、1人で日本に行って苦労して働こうとする人はどんどん少なくなっていると現況を紹介し、全体を通じて「慎重に慎重を重ねて」各種方法を考慮するように注意を促した。

 日中の賃金格差が以前ほどではなくなっていることを考えると、日本での生活に憧れる中国人は金銭面ではなく、現在の中国社会からは得られないものが日本にあると感じているのだろう。記事が日本での生活するための方法を慎重に考慮するように促す背後にも、日本での暮らしから何を得ようとしているかをしっかり考えてほしいという願いがあるはずだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)