近年、訪日客の増加で中国の日本への理解が深まってきているが、それでも日本の「本当の姿」はまだ理解されていないという。中国メディアの今日頭条はこのほど、「在日中国人の目に映る真実の日本」を紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、実際の日本と中国人に認識されている日本には違いがあると紹介。中国では、日本に関するニュースは主に靖国神社参拝問題や経済発展の鈍化にとどまっていて、ネットで出回る日本に関連した文章も正確ではないという。

 日本に住んでいるという中国人筆者は、日本の技術と国民の生活、そして仕事への態度から自身の感じる「真実の日本」を紹介。日本の「技術」については、多くの中国人の見方と異なり「日本の最大のライバル国は米国で、中国はまだライバルにはなりえない」と主張した。

 次いで国民の生活だが、中国と最も違うのは「貧困層でも人並みの生活を送れる」ことだと分析。収入に対して物価が安く、子どもがいると政府からの補助があり、住宅も車もガソリンも安く、医療費も国民健康保険があるので負担が少なく、「東京の貧しい人は見た目では分からない」と中国との違いを紹介している。日本では100円ショップなどで必需品が安く購入できるため、引っ越しのたびに物を捨てて、新たに買い直せるほどだと伝えている。

 また、日本人の仕事に対する態度は「まじめで細かく、ひたむき」と紹介。会社も社員を大切にし、福祉も充実しているので会社に留まりやすくなると指摘している。仕事に対する態度の違いは駅弁からも明らかで、材料の選出から彩り、包装まで手を抜かないことにも「真実の日本」が表れていると敬意を表した。

 こうしてみると、日本は中国と比べてずっと生活しやすい所だといえるだろう。近年では一時盛り上がった反日感情がすっかり影を潜めているが、こうした形で「真実の日本」が中国に伝わることで、対日感情がさらに改善されていくに違いない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)