近年、中国ではがん患者が急増していると言われている。これは肥満人口の増加や環境破壊、ストレスの増大などが関係しているとみられ、経済発展による弊害とも言える状況となっている。こうした状況を背景に、中国人の健康に対する意識は高まり続けていて、がん検診を受けるために日本を訪れる中国人も増加しているのだという。中国メディアの捜狐は17日、日本への医療ツーリズムが人気である理由を考察する記事を掲載した。
・・・・

続きを読む