日本では働き方改革が進む一方、労働者不足を補うために外国人労働者の受け入れ条件が緩和され、新たな外国人受け入れ制度が2019年4月から始まっている。以前は中国人労働者が多かったが、近年ではベトナムやミャンマーからも多くの労働者が日本へ働きに来ているという。

 中国メディアの今日頭条は16日、ミャンマー人の多くが日本で働きたいと思っていることを伝える記事を掲載する一方、ミャンマー人たちは「・・・・

続きを読む