近年、日本を訪れる中国人が増加している。数年前までは「爆買い」という言葉のとおり、訪日目的は買い物がメインであったが、最近では日本ならではの「体験」をするために訪日する中国人が増えている。

 中国国内ではここのところ、日本風の居酒屋が次々とオープンしているため、旅行で日本を訪れた際には「本物の居酒屋」を体験したいと考える中国人は多いようだが、実際に日本の居酒屋を訪れてみると、中国国内で営業している居酒屋は「偽物」であることが分かってしまうのだという。中国メディアの網易はこのほど、日本の居酒屋を紹介する記事を掲載し、中国にある居酒屋とどこが異なっているのか紹介している。

 記事はまず、中国では近年、日本風のレストランが多数オープンしていて、「居酒屋」を謳う店も多いと紹介。だが、居酒屋と謳っていても実際は中国風にアレンジされている居酒屋であり、日本の本物の居酒屋とは違っているのが現状と指摘した。

 続けて、日本の本物の居酒屋は、「店によって異なっているものの、メニューは壁に貼られていることが多く、独特の雰囲気がある」と紹介。そして、焼き鳥などがメニューの中心となっているとしたほか、これにセットとなるのがやはり「ビール」であると強調し、中国の居酒屋のように「清酒」を勧めるのとは異なっていると指摘した。

 中国各地で次々にオープンしている居酒屋のメニューは中国人の味の好みにあわせた料理が中心となっているほか、価格設定も高めに設定されていることが多い。中国を訪れる機会があれば、日本風の居酒屋を体験してみてはいかがだろうか。中国人の好みを理解することが出来るかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)