2018年、日本を訪れた中国人の数は800万人以上に達した。近年の経済発展によって中国では中間層の拡大が続いていて、経済的に余裕のある人たちは海外旅行を楽しむようになっている。

 日本は中国人にとって人気の渡航先となっているが、日本を訪れた中国人のなかには、日本を気に入り、リピーターとして何度も訪れるようになる人も多いという。中国メディアの快資訊はこのほど、中国人筆者が日本を訪れた際の印象を紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、外国人客にとっての日本の玄関口となる空港に降り立った際のエピソードを紹介し、「空港は不特定多数の人が利用する施設であり、トイレも同様に大勢の人が利用している」としながらも、「それなのに日本の空港のトイレは非常に清潔だった」と驚いたと紹介。中国のトイレは「目も当てられないほど不潔」であるのと対照的で、「トイレが非常に清潔」であることは「思わず日本に対して好印象を抱かざるを得なかった」と紹介した。

 続けて、もう1つ驚いたことは「日本は人も含めて、秩序があった」と伝え、この中国人筆者が日本に到着したのは朝の出勤時間帯だったというが、スーツ姿のビジネスパーソンが足早に歩いている姿を目にしたという。誰もがきちんとした身なりで、黙々とお喋りをすることなく静かに歩いていて、「靴と地面が擦れる音が聞こえるほどだった」と伝え、こうした秩序も日本に対して好印象を抱いた要因の1つだったと伝えた。

 中国ではゴミをポイ捨てすることをなんとも思わない人が大勢いて、道路はゴミだらけだ。また、記事でも言及しているが、公衆トイレは非常に汚く、臭いもきついのが普通であるゆえ、初めて日本を訪れた中国人が日本の清潔さに驚くのも無理はない。経済の発展と同時に生活環境も整備させてほしいものだが、もうしばらく時間が掛かりそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)