低迷する中国の自動車市場では、4月の新車販売は前年同月比14.6%減となり、自主ブランド、海外メーカーすべてがマイナス成長となった。しかし、日系車だけがプラス成長となり、日本車人気の高さが際立つ形となった。

 中国メディアの今日頭条は17日、2007年型のホンダ・アコードの中古車について紹介する記事を掲載した。12年落ちとはいえ、中古市場に出たとたんすぐに買手が付く人気ぶりで、「日本車は・・・・

続きを読む