本州では初夏の心地よい時期を迎えているが、南国の沖縄では早くも梅雨に入ったことが発表された。中国メディア・東方網は16日、日本国内で最ものんびりした空気が流れている場所として沖縄を取り上げ、その特殊性について紹介する記事を掲載した。

 記事は、「みんな知っているように、日本では出生率の低い状態が続いており、政府がさまざまな手段を講じて出生を促そうとしているが、その効果はあまり出ていない。・・・・

続きを読む