観光で日本を訪れる中国人は滞在中に景色や買い物、食事などを楽しんでいるが、こうしたことよりもガイドブックには載らない「日本で初めて体験する細かな出来事」が最も印象に残るのだという。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人にとっては「ごく普通」の出来事であっても、それが中国人を感動させていると論じる記事を掲載した。

 日本と中国の主要都市を比較した場合、ぱっと見ただけではさほど大きな違いはないと言える。なぜなら日本でも中国でも主要都市では高層ビルが立ち並び、地下鉄や路線バスが整備され、巨大ショッピングモールや24時間利用できるコンビニがあって、不自由ない暮らしができるからだ。

 一方で記事は、訪日した中国人観光客を驚かせるのはも「日本で体験する細かな出来事」にあると指摘し、その1つとして「日本人による接客」を挙げた。日本人による接客は「常に顧客の目線に立って行われる細かな気配りがある」とし、中国人はそのような接客を受けると「まるで神になったかのように感じる」と主張。

 たとえば、日本人の店員はいつも親しみやすい微笑みを浮かべ、靴を買う際には跪いてサイズを確認してくれ、どんな小さなモノを購入しても必要な数の袋を入れてくれ、雨が降っていれば商品が濡れないように配慮してくれると説明した。こうしたサービスは型にはまった一辺倒なものではなく、滞在中に様々な場所で体験するゆえに「ごく小さな出来事かもしれないが、真実の日本を物語っている」と主張した。

 他にも、「日本人は個々のプライバシーを非常に重視する」ので、公共の場所で他人に迷惑を掛けないように行動していることも深い印象を残すと指摘。「公共の乗り物で携帯電話で話している人はほとんどいない」とし、街中でも電話を使うとき「まるで極秘事項を話しているかのように、携帯のマイクを抑えて小声で話している」と驚きを示した。日本でこうした体験はした中国人は数知れないとし、中国ではあり得ない様々な体験を通じて日本を理解し、より好感を抱くようになった中国人は少なくないと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)