米国でも大きなシェアを獲得している日系車。しかし、日本では米国車を見かけることは決して多くはない。中国メディアの新浪財経はこのほど、日本で米国車の人気があまり高くない理由について分析する記事を掲載した。

 記事は、「米国の道路や駐車場は日本車であふれている」と紹介。それなのに、米国車メーカーは「日本での販売を半ばあきらめている」と指摘した。日本で走る自動車の多くが国産だ。そのため、米トランプ大統領を始め多くの米国人は「不公平」に感じているという。

 では、世界第3位の自動車市場である日本で米国車をあまり見ないのはなぜだろうか。記事は、ある専門家による話として「米国企業に問題がある」と指摘した。米国では、日本人に米国車が受け入れられていないことに不満を持っているものの、米国メーカーは日本人消費者の需要に合わせた車の開発・販売をする努力もせず、日本で投資しているわけでもないとした。

 現在の日本の自動車市場では、小回りが利いて燃費効率の良い軽自動車の人気が高い。道路の狭い日本では、運転や駐車に便利な車が好まれるゆえだろうと記事は分析。ところが、日本に進出している米国車メーカーは、北米に合わせて設計した自動車をそのまま日本で販売しているため、日本の需要に全く合っていないと指摘した。そのためか、日本の外車はほとんどが欧州の高級車かスポーツカーに限られている。

 こうしてみると、米国の自動車メーカーは日本市場に本気で入り込もうとしていないとも言えそうだ。日本市場でシェアを拡大しようと思うなら、需要に合わせた車の開発が必須であり、米国車が「本気」を出して日本向けの自動車をリリースすればシェアを拡大できるかもしれないが、日本車の優秀さを考えると、それも難しいことなのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)