中国メディア・東方網は13日、「日本の男性が40年かけて、バナナ1本の値段を100元(約1600円)にまで高めた」とする記事を掲載した。中国のネット上では日本の高級フルーツ栽培について、その値段に対する驚きとともにしばしば紹介されている。今回取り上げられた「もんげーバナナ」もその一例だ。

 記事は、「熱帯地域ではどこでも見られ、非常に安いバナナが、もともと生育しない場所で栽培に成功し、な・・・・

続きを読む