中国では毎年約20万人の子どもが誘拐されていると推算されており、大きな社会問題となっている。これまでは広大な中国で連れ去られたわが子を探し出すのは困難とされてきた。ところが、人工知能(AI)を活用した顔認証システムが10年前に誘拐された子どもをいとも簡単に見つけ出し、話題を呼んでいる。

 中国中央テレビ(CCTV)の人探し番組「等着我(私を待っていて)」で、10年前から息子を探し続けてき・・・・

続きを読む