近年、仕事や留学などで日本で暮らす中国人が増加している。訪日中国人旅行客が増えたことでガイドのニーズも高まっているようで、実際に旅行客をアテンドしている中国人は少なくない。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人のベテランガイドの目に映る日本の姿を紹介する記事を掲載した。

 記事が紹介しているベテランガイドは、仕事で日本各地を訪れ、日本人の生活などにも深い知見を持つようだ。記事はまず、日本人の生活について「一言で言えば、抑圧されている」と伝え、日本企業では何事も規則が定められているが、それによって創造性を発揮する余地が奪われていると指摘。また、公共の場では、たとえ赤ちゃんであっても泣き喚いて他人に迷惑をかけることは許されない雰囲気があると紹介し、これらは抑圧という表現がぴったりだと論じた。

 さらに、日本人の性格については「親切で、細かいところまで気を使う人が多い」と指摘する一方、なぜか近寄り難く感じられ、「永遠の距離感」があると主張。日本人は基本的に自分に関係すること以外は「比較的冷たく、他人にも無関心」であるとし、距離感を無視して他人に踏み込むことはしないと紹介。確かに中国人は初対面であっても年収の話をしたり、結婚の有無を聞いて、恋人がいなかったら紹介したりと、積極的に他人の世話を焼く人が多く、日本人同士よりも距離感が近いのは間違いない。

 また、日本人同士では親しくない場合は気を使う必要があり、たとえ親しい間柄でも相手のプライバシーや考えを尊重する必要があると考えるとし、人間関係における価値観は中国人と大きく異なっているため、「中国人が日本人と仲良くなるのは簡単ではない」と強調した。

 続けて記事は、日本という国全体については「先進国である日本の発展ぶりを否定することはできない」と伝え、工業や科学技術力、医療水準などは「中国のはるか先を行っている」と主張。特に医療の分野では中国の水準を大きく上回っており、誰でも優れた医療を受けることができる環境が整備されていると指摘、日本では高齢化が問題となっているが、見方を変えれば「高齢化は日本国民がそれだけ長生きできる良好な環境で暮らせていることを示すものだ」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)