日本では特別な事情がない限り、小学生や中学生が自分の足で登下校するのはごく一般的なことだと言える。地下鉄やバスを乗り継いで遠くの学校に通う子どもも珍しくない。

 一方、中国では子どもたちだけで登下校する光景はまず目にしない。中国では保護者が学校の校門まで子どもを送り迎えするのが一般的であるため、登下校の時間になると学校の校門前は送迎の車で渋滞するほどだ。

 中国メディ・・・・

続きを読む