中国では連日のように放送されている抗日ドラマに登場する日本兵といえば、粗暴で野蛮な人物として描かれるのが一般的だ。作中では「馬鹿野郎」などと叫びながら、中国人の登場人物を罵るシーンが多いため、「馬鹿野郎」という言葉を聞いて、それが何を意味するかを知っている中国人は少なくない。

 こうした抗日ドラマのイメージがあるためか、日本人は誰もが「粗暴で野蛮」であると誤解している中国人もいるようだが、実際の日本人は粗暴どころか、街中で言い合いや喧嘩をすることすらないことに驚く中国人は多いようだ。

 中国メディアの快資訊は5日、日本を訪れた中国人旅行客は「日本人の民度の高さに感銘を受ける」と伝えつつ、日本人は「馬鹿野郎」と口にするどころか喧嘩すらしないと紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、抗日ドラマでは日本兵が「馬鹿野郎」と罵るシーンが数多く登場すると紹介する一方、実際の日本人は「口汚い言葉1つすら口にしない」と紹介。何かあればすぐに「すいません」と謝り、非常に礼儀正しく、公共の場で大声で騒ぐこともしないと紹介し、ましてや喧嘩などもってのほかであると強調した。

 一方、日本人が人前で喧嘩しないのは「世間体」や「他人の目」があるためであり、決して穏やかで怒りの感情がないためではないと指摘。それでも、抗日ドラマの登場人物のように「馬鹿野郎」と口にする日本人はほとんどいないことを伝え、「日本人はすぐに怒って、馬鹿野郎と罵る」というイメージは誤りであることを伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)