世界各国で永住権の取得支援などを手がける英コンサルタント会社「ヘンリー&パートナーズ」が発表している、ビザなし、または、アライバルビザ取得で渡航することのできる国の数に関するランキングによれば、日本は190カ国で世界第1位となっている。一方、中国は近年ランキングは上昇傾向にあるが、74カ国で第71位にとどまっている。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、ビザなし、または、アライバルビザ取・・・・

続きを読む