北京市では4月28日に世界園芸博覧会が開幕した。中国メディア人民網は30日、博覧会における日本の展示が、日本庭園と花文化の美しい融合を見せており、来場者を魅了していると報じた。

 記事は、同博覧会の日本出展ゾーンは総面積2500平方メートルの広さで、屋外の庭園と屋内展示の形式によって、屋内外で統一された景観、庭園文化と花文化の見事な調和を示していると伝えた。

 そして・・・・

続きを読む