中国人は日本人と比べ自己主張をはっきりし、周囲の目を余り気にせずに行動する人が多い。中国メディアの今日頭条は26日、中国人から見ると不可思議に感じる日本人の行動について、「日本人は静かで大人しいのかと思いきや学生や中年女性が集まると非常に騒がしい」と指摘する記事を掲載した。

 記事は、中国人が日本を訪れると「静かさに驚く」と伝え、日本人はみな非常に静かで、公共の場所では声抑えてひそひそと話していると紹介。どこでも音が溢れ、賑やかな中国とは全く異なると驚きを示した。

 しかし、記事は「日本人が全員静かだということではない」と指摘し、「学生など特定の年齢層の集団ができると、静まり返っていた車内が突然賑やかな笑い声や話声で溢れかえる」のは「奇妙なこと」だと主張した。

 中国人はこうした急な変化を目にして驚き、日本人は根が静かで大人しいのではなく、気の知れた集団になると賑やかになると気づいたようだ。個人差もあるが、中国人は周囲の状況は全く気にせず大きな声で話し、おしゃべりもするし喧嘩もする。それゆえ、日本では周囲の状況によっては非常に静まり返って誰もしゃべらないのも不思議であり、集団やグループになるとそれが一変することは、中国人にとってはより不可解に感じられたようだ。

 訪日する中国人の感想は様々だが、日本人が思わないような角度から日本人の習慣を見て新鮮な驚きを経験していると言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)