今年の世界卓球では、特に女子シングルスで中国勢の強さが際立ち、ベスト4を独占し、世界卓球における同種目の連覇記録を13に伸ばした。そしてまた、同胞の「大魔王」に阻まれ続けて来た28歳の劉詩ブン(雨冠に文)選手が悲願の初優勝を成し遂げる記念すべき大会となった。中国メディア・東方網は、劉選手の金メダルに対し、日本のある選手からも祝福メッセージが贈られたと報じた。

 記事は、劉選手のこれまでの・・・・

続きを読む