中国メディア・東方網は25日、アップル、サムスン、ファーウェイなどのメーカーが世界のスマートフォン市場を牛耳るなかで、日本のメーカーが存在感を失ってしまった理由について考察した記事を掲載した。

 記事は、日本メーカーにもスマートフォンの売れ行きが好調だった時期はあり、カメラ性能の高さや品質に対する信頼感から消費者に喜ばれていたと紹介。一方で、近年では日本ブランドのスマートフォンは視界から・・・・

続きを読む