JR東日本は、次世代新幹線の開発用試験車両e956形「ALFA―X(アルファエックス)」をまもなく完成させるという。この車両は、東北新幹線での時速360キロ運転を目指しているが、22メートルもあるロングノーズが特徴となっている。新幹線は、これまで先頭部分の形状を変化させ続けてきたが、中国メディアの今日頭条は21日、新幹線がロングノーズなのはなぜかという疑問に答える記事を掲載した。

 中国・・・・

続きを読む