「女の子の連絡先をゲットできるまで寮に戻ってくるな」。大学の先輩に命じられ、仕方なく人生初のナンパに挑戦したという友人の話を聞いたことがある。同じ日本人でも、ナンパが日常茶飯事という人もいれば、絶対にしないという「硬派」な人もいるだろう。しかし中国人の目から見れば、ナンパする派の日本人のほうが目立って見えるようだ。

 中国メディアの蘋果論壇は16日、「日本人のナンパ文化」に関する記事を掲載した。記事は、「女性が道端などに立っていて、連れの男性がいなければ、それだけでナンパされることがある」、「日本人女性であれ女子留学生であれ、その年齢や体型にかかわらず、みんなナンパされる可能性がある」と、驚きを込めて紹介している。ある調査によれば、日本人女性の80%が一度はナンパされた経験があるという。

 記事はさらに、ナンパの聖地として知られる東京・銀座コリドー街で、美女の協力のもと行った実証実験の結果を紹介。それによると、彼女は5分も経たないうちに次々と声をかけられたそうで、ナンパしてきたのは独り身の男性1名、男子学生2名、酔っ払い3名、サラリーマン2名だったという。

 記事は、「中国では、もしナンパしてくる男性がいれば女性は警戒心を働かせ、まず相手が詐欺師ではないかと疑う」と指摘。「日本人はナンパがきっかけでデートしたり、付き合ったり、結婚する人も少なくない。だが中国では、ナンパは軽薄な行為と見なされ、ましてや恋愛や結婚の対象にはならない」と、両国の文化的な違いを考察しつつも、「もしナンパされることで自分の価値を再確認したい女性がいれば、日本へ行って試してみるといいかもしれない」と勧めている。

 日本でもナンパに対する考え方には大きな個人差がある。自分にその気がないのにしつこくナンパされれば、多くの人が不快や怖さを感じるだろう。世界的にも近年、見ず知らずの相手に一方的に声をかけたり、卑猥な言葉を投げつけたりする行為は、立派なハラスメントとして認識され始めている。ナンパする側もされる側も、節度と警戒心を適度に保ちながら「文化的なナンパ」を楽しむのがいいようだ。(編集担当:伊藤由記)(イメージ写真提供:123RF)