中国では過去に起きた出来事ゆえに、日本や日本人に対して否定的な感情を抱いている人が少なからず存在している。日中関係が悪化した際には、日本製品の排斥運動も大々的に行われるが、中国の街では非常に多くの日系車が走っていることに疑問を抱く中国人は多い。

 中国メディアの今日頭条は17日、中国人が日系車に好んで乗る理由を考察する記事を掲載し、「中国市場に適した車を提供しているから」だと伝えつつ、中国人は何かと文句を言いながらも「結局、日系車を評価しているのだ」と伝えた。

 記事はまず、近年は中国自動車メーカーが力をつけてきているとし、品質の良い中国車も増えていると指摘する一方、それでも日系車の人気はまったく衰えないのが現状と紹介。中国ネット上では日系車に対する批判の声は根強く存在するが、現実の自動車市場では「日系車の販売は好調であり、ネット上の声は実際の消費行動と同じではないことがわかる」と指摘した。

 では、なぜ中国人の多くは国内外の様々なメーカーのなかから日系車を選択するのだろうか。記事は、日本車は中国以外にも米国やアジア各国、欧州など世界中の市場で試されてきた実績があるゆえ、その技術は成熟していると指摘。さらに、日系車は車体価格が高くないうえに信頼性が高く、ランニングコストを抑えることができるために、中国人が消費行動を取る際に重視する「コストパフォーマンス」が非常に高いと強調し、中国で日系車が売れるのは「中国人が車選びで重視する要素をしっかり押さえているため」だと伝えた。

 中国の街では非常に多くの日系車を見かけることが出来る。だが、車の種類は日本で多く見かける車と異なっている。日本では軽自動車やミニバンさらにハイブリッド車を多く見かけるが、中国では多くの人がメンツを気にするせいか、セダンや車体の大きなSUVを多く見かける。日本に対して複雑な感情を持つ中国人が多いなか、それでも日系車の販売が好調なのは、それだけ日系車の競争力が高いためだと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)