統計によると日本人の持ち家比率は約6割と言われ、世代別で見ると30代から持ち家比率が高まり始める。こうした日本の住宅事情は中国とは大きく異なっていると言える。日本では賃貸住宅市場が発達していて、持ち家がなくても特に困ることはないからだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の賃貸住宅は「中国人にとっては試練である」と論じる記事を掲載した。

 記事は、留学などを理由に日本で生活する中国人に・・・・

続きを読む