中国メディア・東方網は18日、日本と中国との間に存在する差について、日本を訪れた中国人観光客が「思いがけないところで感じた」とする記事を掲載した。

 記事は、中国が現在高度発展状態にあり、経済や産業が世界から大きく注目されるようになり、インフラ建設の規模や速さから、しばしば国外メディアに「インフラ狂」と称されるほどであると紹介。この状況に伴い、ネット上では「中国はすでに世界で2番目の経済大国。抜かれた日本は、もはや没落した先進国だ」といった声までしばしば聞かれるとした。

 そのうえで、日本を旅行して帰ってきた中国人観光客は逆に「日本と中国との差は、われわれの想像とは異なっていた」との印象を抱いて帰ってくると指摘。ある観光客が「旅行中、日本の鉄道は駅と駅の間隔が中国よりも明らかに短いことを発見した。それだけではなく、地下鉄、在来線、新幹線の乗り換えが非常に便利で、列車から降りればすぐに別の路線に乗り換えることができる」と語ったことを伝えている。

 記事は、この観光客の感想について「一見大した問題に見えないが、列車に乗り遅れそうな時には日本の便利な乗り換えシステムのありがたさを感じるのだ。われわれ中国には世界最大規模の高速鉄道があるが、大きいからと言って必ずしも使い勝手がいいわけではないのである」と評した。

 また、別の観光客からは日本と中国との差は往々にして文化やモラルの面に現れており、日本では列に割り込む人をほとんど見かけなかったとの声が聞かれると紹介。日本との差というよりもそれは先進国と差がある部分かもしれず、中国は大きな発展、進歩を続けると同時に、自らの至らない部分を知り、他人から謙虚に学ばなければならないと結んでいる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)