日本経済は、バブル崩壊から落ち着きを取り戻すのに、30年かかったという見方があるようだ。中国メディアの今日頭条は12日、これを日本の「失われた30年」として中国は何を学べるのかと題する記事を掲載した。結論から言うと、不動産の極端な値崩れは誰も得をしないという。

 記事はまず、中国人は不動産への執着心が非常に強く、不動産価格の変動に合わせて浮き沈みしていると紹介。不動産のために「毎日悩んで・・・・

続きを読む