中国メディア・東方網は15日、「どうして日本や米国のような世界の大国には、どこも中華街が存在するのか」とする記事を掲載した。記事の作者はその理由を「辛酸と誇り」という2点から説明している。

 記事は、中国人が海外旅行に出かけると、「お金持ち」というイメージからどこの国の商店でも優待を受けることができると紹介。また同時に、世界各国には中華街やチャイナタウンと呼ばれる場所が存在しており、特に・・・・

続きを読む