韓国と米国ではすでに始まっている「5G」サービス。日本では携帯4社が2019年秋に試験サービスを開始することになっており、2020年春以降の商用化を目指している。しかし、世界に先駆けて導入した韓国では、ユーザーから不満がでているという。中国メディアの今日頭条は11日、韓国のユーザーからは「4Gのままで良い」とまで言われていると紹介する記事を掲載した。

 5Gの良さは、通信速度や通信が途切れない安定性のはずである。しかし、現時点では、韓国の5Gは「全然電波が届かない」そうだ。すでに利用を開始したユーザーらは、電波が入ると速いのは事実だが、電波が届かないので5Gの意味がないと訴えているという。5Gが入らないときはすぐに4Gに切り替えると良いと提案しているが、ネットそのものにつながらなくなることがあり、電源を一度切らないといけなくなるほどで不便を感じているとしている。

 記事は、これは韓国の首都・ソウルの中心部の話なので、ほかの場所は言うまでもないとしている。韓国メディアは、この問題について「通信速度は速いものの、電波が届く場所が狭い」と説明しているという。そのため、通信キャリアに対してより基地局の密度を上げる努力をするように提案している。

 通信キャリアからは、おそらく2年程度で普通に使えると返答があったとのことで、5Gは開通したばかりで調整に時間がかかるとの説明があったと伝えている。しかし記事によると、この説明がかえってユーザーの怒りにふれたという。

 どんなサービスも、開始直後には不具合がつきものだが、通信速度に難があり、ネット自体にもつながりにくいとなれば「4Gのままで良い」と言われてしまっても仕方がないだろう。現在導入の準備を進めている日本では、韓国の先例が良い参考になりそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)