青森県三沢市沖の太平洋上で9日夜、航空自衛隊の戦闘機「F―35A」が墜落する事故が発生した。なんとも痛ましい事故だが、中国メディアの今日頭条は10日、「日本で最新鋭戦闘機が墜落したが、F―35は失敗作なのか」と題する記事を掲載した。

 このF―35は、レーダーに映りにくいステルス性能を備えた最新鋭の戦闘機で、2018年1月に配備され青森県の三沢基地で13機運用されている。記事は、F―35・・・・

続きを読む