日本では少子高齢化が進んでいるが、この傾向は日本だけではなく、中国や台湾、韓国など日本周辺の国や地域でも見られ社会問題となっている。日本の合計特殊出生率(一人の女性が生涯に産む子どもの数)は、2017年の時点で1.43まで下がった。

 ところが、お隣の韓国はもっと深刻で、合計特殊出生率は2018年についに0.98になってしまったという。これは、韓国女性の生涯で産む子どもの数が1人にも満た・・・・

続きを読む