中国メディア・東方網は5日、夜中に静かになった日本の街を歩いてみると、日本が決して特別な国や社会ではないことに気づくとする記事を掲載した。

 記事は、日本で深夜の街を歩いてみると、閉店間際の店舗が清掃や片づけをする様子を見かけるとし、その様子にモラルの高さ、教育レベルの高さへの好感を抱かざるを得ないと紹介。「賑わいが過ぎ去り、静かになった深夜の街は、その街の真実の姿を教えてくれるのである・・・・

続きを読む