ひと昔と比較すると、手軽に国外旅行に行けるようになった中国人にとって旅行先としての日本の人気は衰えていない。連休となるたびに中国から大勢の人が訪日しているわけだが、中国メディアの捜狐はこのほど、中国人が日本人の生活を知って「これだけは受け入れられないと感じた文化」を紹介する記事を掲載した。

 「日本は礼儀正しく、日本社会には秩序がある」と、全体的に日本に対して良い印象を持っている中国人は少なくない。しかし、日本を訪れた中国人旅行客は、日本で生活しているという中国人ガイドから日本人の生活習慣や文化について聞くと、中国とは全く異なる「日本の2つの欠点」に対して衝撃を受けるという。

 中国人が感じる日本の2つの欠点のうちの1つは「子育ての支援」だという。日本人は結婚すると「親とは独立して、別の家庭」を構え、育児は基本的に夫婦で行う。これは中国の習慣とは全く異なり、妊娠期間中から祖父母の援助が始まり、出産後は育児を全面的に祖父母に任せて、夫婦は必死で共働きをする家庭が一般的だ。それゆえ、日本では「祖父母が出産時に見舞いに訪れる程度で、また急な残業時などに幼稚園の送迎を頼んでも断られることもある」と紹介し、多くの中国人は「日本で子育てはできない」と感じると伝えた。

 また、日本では珍しくない「家業を継ぐ」という伝統的な習慣も受け入れがたいと主張。中国人から見ると「非常に保守的な考え方で、事業が成功しているならまだしも、負債があっても受け継いで守ろうとする価値観や人生観は、中国人とは大きく異なる」と指摘した。

 中国では日本人は世界的に見てもモラルが高いと認識されているが、日本人の生活習慣や文化の思わぬところに「中国人からすると欠点と捉える一面があった」と、驚きと共に紹介している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)