近年の中国スマホメーカーの躍進は凄まじいものがある。高機能でありながら安価な商品を次々に市場に送り出しており、世界的にシェアを高めている。米アップルのiPhoneが人気の日本だが、中国スマホは主にSIMフリー市場でシェアを高めていて、日本人消費者の間でも支持が高まっていると言えるだろう。

 一方、日本の携帯電話はかつて中国で人気だったが、市場の中心がスマホとなって以降、日本のメーカーが凋落してしまったことに多くの中国人は疑問を感じているという。中国メディアの今日頭条は1日、「日本のスマホメーカーに元気がない理由」を考察し、中国メーカーと比較する記事を掲載した。

 記事はまず、近年の中国のスマホメーカーの勢いは凄まじいと強調し、それは中国に巨大な国内市場と成熟した生産技術があるためであると分析。市場の大きさを背景とした「規模の経済」のもと、コストパフォーマンスの高い製品を市場に投入し、シェアを高めているのだと指摘した。

 では、なぜ日本のスマホメーカーは元気がないのだろうか。記事は、日本の市場も小さくないとしつつも、中国は成長著しい「買い手市場」であるゆえに企業は消費者の要望に応えようと努力しているが、日本は「売り手市場」であってキャリアやメーカーの力が強かったと指摘、消費者のニーズを上手に汲み取ることができないがゆえに結果的に進歩が滞ってしまったと分析した。

 また、日本には優れた生産技術や「匠の精神」はあるものの、それぞれが独立した存在であり、一体となってスマホの設計や生産がなされていない歳、これが大きな壁となってしまっていると強調、だからこそ日本のスマホは凋落してしまったのだと主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)