バブル崩壊以後の日本は「失われた20年」とよく表現される。しかし、本当に20年を失ったのだろうか。中国メディアの今日頭条は2日、実際のところ日本は20年を失ったのではないとする記事を掲載した。むしろバブル崩壊後の日本からは、中国が学べる点があるという。

 記事はまず、なぜ「失われた20年」と言われているかについて、国内総生産(GDP)だけを見ているからだと指摘。中国のGDPが大幅に増加し・・・・

続きを読む