中国では近年、日本を代表する高級車ブランドの1つであるレクサスの人気が高まっている。だが、レクサスは中国国内での生産は行われておらず、中国で販売されているレクサスは全て日本国内で生産されたものだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国国内で人気のある高級車ブランドはその大多数が中国国内で自動車を生産していると伝える一方、なぜかレクサスだけは中国国内での生産を今なお行っていないと指摘し、「なぜレクサスは高額な輸送費をかけてまで、日本で生産し、中国へと輸出しているのか」と問いかける記事を掲載した。

 記事は、中国人に人気の高級車ブランドは中国国内で生産した方がコスト削減になることから、中国での生産に踏み切っていると紹介。だが、レクサスだけは今も中国で生産しておらず、多くの中国人は「レクサスはいつ中国に生産工場を建設するのか」と疑問を抱いていると紹介した。

 続けて、レクサスが今も日本で生産し、中国国内での生産を行わない理由は「その工場に秘密がある」と伝え、その工場の生産ラインは極めてハイレベルなのだと指摘。レクサスの生産ラインでは完成度に求められる水準は極めて高く、ちょっとした些細な問題1つも許されないと指摘し、だからこそレクサスの品質は高いのだと強調する一方で、これこそ中国国内に生産ラインを建設できない理由ではないかと論じた。

 記事は生産ラインの複雑さや精密さについてしか言及していないものの、レクサスの品質の高さは技能認定を受けたTAKUMI(匠)と呼ばれる技能士の存在あってこそとも言われている。中国国内ではレクサスの中国生産を待ち望む声が根強く存在するが、これが実現する日は訪れるのだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)