明代から約600年の歴史を持つ北京の紫禁城(故宮)。清朝最後の皇帝・溥儀が去った後、1925年からは多数の古書・絵画・工芸品を収蔵する「故宮博物院」となった。台湾にも同名の博物館があり、そちらは主として1940年代に大陸から運び込まれた物品を収蔵している。これらの博物館や文化財に関するトピックは、中国人にとってはセンシティブな話題の一つだ。

 中国メディアの観察者網は2日、SNSの微博(・・・・

続きを読む