日本を旅行で訪れる中国人観光客の目的地は様々だが、ドラッグストアは多くの中国人が訪れる場所として人気がある。なぜなら、中国では日本の医薬品は信頼性が高く、効き目も高いと認知されているからだ。

 こうした風潮を悪用するケースが見られており、中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本製の医薬品を横流しし、無許可で訪日中国人に販売していた容疑で医薬品卸売会社の男性社長が逮捕された」ことを紹介し、中国人の間で神薬と大人気の薬のなかには「もしかしたら違法のものもあるかもしれない」と伝えている。

 記事は、不法な医薬品横流しのルートに中国人ブローカーが介入し、SNSを通じて訪日中国人に販売されていたケースがあると紹介。日本の医薬品が「神薬」と呼ばれ、大人気となっていただけに中国人に少なからず衝撃を与えたことを紹介した。

 中国人の間で、日本の医薬品が「神薬」と呼ばれるほど「良く効く」と口コミが広がっているのは、「中国製の医薬品の信頼性が低い」という要因もある。中国人旅行客や留学生が自分で用いる分として、日本で医薬品を購入することに問題はないが、今回のケースのように「処方箋が必要な医薬品を横流しで販売することは違法となる」と指摘した。

 中国では安全性を懸念し、粉ミルクや紙おむつといった子ども用品や食品を国外から個人輸入する人は少なくない。しかし、「医薬品に関しては品質、有効性や安全性の面から、無許可で販売されているものは危険である」ことを強調した。

 また、中国のネット上では「日本の神薬10選」などとして、日本の一般的な常備薬が崇められるほどの人気となっていて、高値で転売されていることについて、「中国人はもっと冷静な見方をする必要がある」と訴えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)