訪日中国人のなかには、日本社会に秩序があるのは、「日本の法律が厳しいためではないか」と考える人が少なくない。実際、日本社会は中国より秩序があるのは間違いなく、それは法律の厳しさだけが理由ではないが、中国人から見ると「日本ではそんなことまで法律で禁じているのか」と驚くようなものもあるようだ。

 中国メディアの今日頭条は1日、日本を訪れた中国人は、日本の街の清潔さや人びとのマナーある行動に驚き、深い感銘を受けると伝える一方、日本人が列に割り込んだり、他人の迷惑になる行動を取ろうとしないのは「そうした行為に対する罰則が法律で定められているためだ」と主張する記事を掲載した。

 記事は、中国で言われている「日本人の民度の高さ」は個人の素質によるものではないと主張し、あくまでも「法律」によるものだと主張。そして、中国人からすれば「取るに足らない、極めて些細なこと」までもが法律で禁じられているのだとし、「法律が日本人の民度を構築したのだ」と論じた。

 たとえば、日本では「列への割り込み」や「痰を吐くこと」、「ごみを投棄すること」など、中国ではどこでも当たり前に見られる行為についても法律で禁じられていると紹介したほか、日本では公共の場所で喫煙することも多くの地域で禁じられていると指摘。つまり、中国で「日本人は民度が高い」と称賛されているのは、実は法律によって迷惑な行動が制限されているだけのことであり、必ずしも1人1人の素質が高いためではないはずだと主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)