中国は近年目覚ましい経済発展を遂げたが、その一方で沿海部と内陸部、都市部と農村部との間で激しい経済格差を生むことにもなった。中国メディア・東方網は3月30日、「どうして日本は世界でも最も貧富の差が小さい国の1つになれたのか」とする記事を掲載した。

 記事は、貧富の差はその国の発展ぶりや文明レベルを表す重要な指標であるとし、欧州の中でも特に北欧地域は世界のお手本というべきほど貧富の格差が小・・・・

続きを読む