中国メディア・東方網は30日、先ごろ英国の機関が発表した2018年のアジアトップ50都市で、中国の都市が約半数を占めるとともに、沿海部だけではなく西部の内陸都市も日本の大都市を抜き去る現象が見られたと報じた。

 記事は、英王立協会が発表した2018年アジアトップ50都市ランキングを紹介。トップ10では1位シンガポール、2位東京に次ぎ、香港が3位、上海が4位に入ったとしたほか、北京が6位、・・・・

続きを読む