日本学生支援機構によれば、日本が受け入れている留学生の数は2018年5月時点で29万8980人に達し、前年比12.0%増となった。留学生を国籍別に見てみると、もっとも多いのは中国人であり、その数は11万人を超える。

 言葉や文化、習慣の異なる中国から日本を訪れ、日本で学ぶとなれば様々な苦労が伴うことは容易に想像がつくものだが、中国人が日本に長く留学していると「思わぬ変化」が生じるのだとい・・・・

続きを読む