広大な国土を持つ中国では様々な農作物が生産されている。果物の生産量も非常に豊富であり、果物は日本よりはるかに安価であるのが一般的だ。近年日本を訪れる中国人が増加しているが、日本では果物が非常に高額で販売されていることを知って驚く中国人は多い。中国メディアの捜狐は25日、「日本ではブドウが1粒ずつ販売されていた」という主題の記事を掲載した。

 近年多くの中国人が日本を訪れており、その土地の「美食」を堪能することを楽しみにしている旅行客も多い。日本で販売されている果物の美味しさや価格の高さは中国でも知られているが、日本では「1粒ずつ販売されている高級ブドウ」もあることは中国人にとっては驚き以外の何物でもなく、「一房単位で販売されている中国とは違う」と紹介した。

 続けて記事は、日本では果物が非常に高額であるため、中国では安価な果物の代名詞的存在であるスイカですら「一玉を分け合って食べている」と主張。日本の経済水準は中国より高く、必然的に物価も高いのは理解できるが、それでもブドウを1粒ずつ販売するというのは驚き以外の何物でもないと強調した。

 中国でも経済発展と共に物価は年々上昇している。なかには日本と変わらないか、むしろ日本より高い値段で販売されているものもある。だが、果物に関して言えば、日本よりも安いのは間違いなく、スイカやミカンなどは路上で販売している業者も多いため、非常に安価だ。

 日本ではミカンであれば1袋単位、スイカであれば1切れ単位で販売されるが、中国では一般的に500グラム単位で販売されていて、500グラム単位でも日本より安いこともあるほどで、中国人が日本の果物の高額さに驚くのも無理はないと言える。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)