中国が世界の工場と言われていたのはすっかり昔の話になり、最近ではベトナムが新たな製造拠点となっている。市場調査会社ニュー・ワールド・ウェルスが発表した世界各国の富の成長率ランキングによると、2007年からの10年間でベトナムが1位となり、210%の成長率を記録したという。ちなみに、2位は中国の198%だった。中国メディアの今日頭条は21日、「ベトナムはいかにして中国製造業の強いライバルになったのか」と題する・・・・

続きを読む