近年、中国人が見聞きする日本の情報は以前よりも格段に増えている。中国メディアの捜狐は17日、訪日旅行から帰ったある中国人が「日本は自分が想像していたものと全く違った」と述べたとする記事を掲載した。

 かつて中国人が日本を知る機会といえば、ほとんどがメディアを通じてであり、その内容には時間差や偏りがあった。しかし、最近は日本を訪れる中国人観光客が増加し、日本旅行が人気となっていることから、自らが旅行で見た日本を積極的にSNSなどで発信する人も増えてきている。

 記事は、現在中国のネット上で頻繁に語られる日本の様子は「経済的に発展しており、人々の民度は高く、礼儀正しいうえに接客やサービスの質が優れている」などの内容が多いと指摘。また、日本の漫画は中国で非常に人気があり、こうした「漫画文化」によって日本に惹きつけられる中国人も少なくないという。

 こうして、現在の中国人が見聞きする日本の情報は具体的で細かくなった反面、断片的な情報が個々の主観と共に伝えられているので、日本を訪れた事のない中国人の持つ日本のイメージにも偏りが生じているようだ。

 記事が紹介した中国人観光客によれば、「日本は確かに自分が聞いていたように、経済的が発展していて人々の民度が高い国だったが、日本人の生活は幸せに見えなかった」という。そして、中国と比較すると「日本人の抱えるストレスの方が圧倒的に大きく、生活は厳しそうに見える」とし、「自分がイメージしていた日本とは全く違った」と伝えた。なぜなら、「日本では高齢者でも働いていて、深夜でもビルの明かりがついていたことから、若者も残業を断れずに働いていたのだろう」と推測した。

 こうして日本に関心を向ける中国人が増えているのは喜ばしい事といえるが、実際日本を訪れても「表面的で断片的な情報から主観の入った推測」をしている場合もたくさんあるのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)