中国メディア・東方網は22日、さいたまで行われている世界フィギュアスケート選手権で、4カ月ぶりの試合復帰を果たした羽生結弦選手について「日本を熱狂の渦に包んだ彼こそ、世界選手権唯一の主役だ」と報じた。

 記事は羽生選手が昨年11月に右足首の故障回復のために休養することを表明し、人びとの前から姿を消した一方で、書店の棚には羽生選手関連の本が並び、広告ポスターの前でファンが記念撮影するなど、・・・・

続きを読む