日本を訪れる中国人観光客の多くが、日本の街の清潔さに驚くと同時に「日本の街中にはごみ箱がない」と戸惑うという。中国メディアの捜狐は13日、路上にごみ箱がない日本では「ごみをどのように処理しているのか」と論じる記事を掲載した。

 中国では街中の美化に力が注がれており、大通りは定期的に清掃車が周回して道路の清掃がされ、清掃員は各所に設置されたごみ箱のごみ回収を行っている。しかし、日本では中国ほど清掃車や清掃員、ごみ箱を見かけないのに「なぜここまで街が清潔に保たれているのか」と、中国人の多くが好奇心を抱いているという。

 記事は日本で道行く人に尋ね、「外出時に出たごみはどうしているのか」と日本人の老若男女に問いかけた様子を紹介し、日本人は皆一様に「ごみは持ち帰って家で捨てる」と答えたと伝えた。これは中国人にとっては衝撃だったようで、そんな面倒なことをせず「街中にもっとごみ箱が設定されていたら良いと思わないのか」と疑問をぶつけている。

 すると、「街中にごみ箱を設置すれば、ごみの処理費用や維持費、管理に税金が使用され、景観にも少なからず影響があるだろう」という意見が寄せられたと伝え、日本人の多くは「自分の出したごみは各自が持ち帰るほうが社会のため」と考えていると指摘。さらに、鞄にごみを入れるためのビニール袋を入れていた人もいたと驚きを示した。

 そもそも、中国人は街中にたくさんのごみ箱があることに慣れているので、ごみを鞄に入れて持ち帰るという考えがない。また、中国人が食べる軽食は油で調理したものが多く、長い串に刺さったものもある。他に果物もよく食べるので種や皮もごみになる。外出時に出るごみの種類が油分や水分を含んでいては、さすがに鞄に入れる気にはならない気持ちも理解できる。しかし、こうして日本人の考え方や習慣を知って、中国人の素朴な疑問が解決できたようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)