日本のホテルはチェックアウトが簡単だ。最後に冷蔵庫の中の利用があったかを聞かれるだけで、従業員が部屋まで行き確認することはない。ホテルによっては、専用のボックスにカギを入れてチェックアウトできるところもあるほどだ。中国メディアの捜狐は16日、「なぜ日本のホテルは部屋を確認しないで済むのか」と題する記事を掲載した。

 記事は、中国人が日本旅行でホテルに泊まると、あまりに簡単にチェックアウトできてしまうことに驚くと紹介。中国のホテルではどこでも、チェックイン時に保証金を払い、チェックアウト時には盗難や破壊行為がないか部屋を確認してから保証金を返金するからだ。弁償するものがあった場合には保証金から差し引くことになっている。

 これは、中国ではほとんどのホテルで行っている慣習で、中国人からするとホテル宿泊時の常識だ。そのため、信用されていないようで気分が悪いという不満は特にないものの、日本のホテルを見るとなぜ「部屋を確認する必要がない」のか不思議に感じ、また羨ましくも思うようだ。

 記事は、日本でチェックアウト時に部屋を確認しない理由として、「子どものころから受けてきた教育」が違うと論じている。日本人はまじめで礼儀正しく、「子どものころから他人に迷惑をかけないように教え込まれてきた」ために、他人に対しても自分や家族に対するように礼儀正しく接することができるのだと分析した。

 中国では自分の家や物でなければ大切に扱わない傾向が強く、そのため公共の場所がすぐに汚されたり壊されてしまいがちだ。記事は、「他人に迷惑をかけない」日本人は、ホテルの部屋を自分の家のようにきれいに使い、備品を大切に扱い、チェックアウトする前にはざっと掃除まですると伝えた。自分の部屋ではないホテルの部屋を掃除するなど、自分の得には一切ならないため、中国人にとってはあり得ない行為に映るようだ。

 もっとも、すべての日本人や中国人がそうだとは言えないが、ホテルのチェックアウトひとつとっても、日本人には他人を自分のことのように考えて礼儀正しくできる美徳があると言えるだろう。こうした美徳はこれからも大事に継承していきたいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)